loading

安積疏水麓山の飛瀑アサカソスイハヤマノヒバク

明治15年(1882年)に郡山の開成社等の有志が安積疏水の通水を記念して造った滝。
安積疏水事業の記念碑的建造物で、安積疏水の最終地点、麓山公園の一角に築かれた石造構造物。
当時右大臣だった岩倉具視が「農業用の施設を鑑賞用に使うとは何事か」とこの滝を見て激怒したが、 実は勘違いで製糸業の動力源として利用するためのものだったという逸話もある。

プラン追加

住所 郡山市麓山一丁目347
開演時間 -
休館日 -
料金 -
指定状況 国登録有形文化財

footer-logo-02