loading

猪苗代第二発電所イナワシロダイ二ハツデンショ

大正7年(1917年)に運用開始となった水力発電所で、猪苗代第一発電所と同様、ここからの送電によって、当時の日本の中心を支えていた。
赤レンガの外壁が特徴的で、建物は東京駅を設計した辰野金吾博士が当初に監修している。

プラン追加

住所 会津若松市河東町八田高塚乙
開演時間 -
休館日 -
料金 -
指定状況 -

footer-logo-02